のり日記

かけだし神経科学者の留学日記

123日目

文献紹介が再来週の月曜なんだけど、これにしようと決めていた論文がすでに紹介されていたことをさっき知った。あと数日遅かったら致命傷になってたかもしれない。

 

ちなみにこれが終わったら2ヵ月後にまた研究報告がある。ラボの人数を考えるとどう考えてもおかしい。どうやら何人かの人たちがやらずにスキップしている模様。しかし一人前になるまでのトレーニングだと思って黙って引き受けることにする。

ちなみにスキップしている人の中には特に何もしていないように見えるおじいちゃん研究員も含まれる。僕は辞書として使わせてもらっているけど、ボスは実際のところどう思っているのだろう。

今、日本はポスドクを終身雇用すべきだという流れになっているが、研究を一切しない人は必ず出てくるだろう。それを受け入れる器がない限り終身雇用はしないほうがよいと思う。自分は、任期10年再任あり制度がベストだと思う。いくら成果が出にくい仕事をしていても10年間まったく何も論文を出していなければ切ったほうが双方のためになると思うので。

---------------------------------------------

実験装置の使い方を教えてくれる予定の人が明後日から1ヶ月バカンスに行くらしく、しばらく進まない。こっちの人たちは堂々と、積極的に休みをとりにいくね。他人のために休みをずらすことなんて決してしない。見習いたい。

しかし試薬も部品も注文しても全然届かないし、このペースは日本人にはなかなかきついぜ。そういう意味で東京はとても物(流)に恵まれている。

--------------------------------------------

論文の返事がそろそろ来てもいいころなのだけれど来ない。査読者を追加されている可能性が高いな。。早くコメントを読ませていただきたい。

広告を非表示にする