しろ日記

かけだし生物学者の留学日記

192日目

この半年間、仏の心で過ごしてきたので、人にどんなお願いをされようとYesと答えてきた。また、元々好戦的な性格にも関わらず、争いは一切避けてきた。日本にいた時の自己中ぶりはどこへ行ったのかというくらいに善い人、自分。

しかし、昨日、今日はついに避けられない問題が発生してしまい、悶々としている。

 

1.vsドイツ人のまーせる君(結構年上、ポスドク、実験物理のPh.D

基本的に彼は意地悪。教えてほしいことがあって、could you give me a second?と聞いたら1, 0. Bye と言って本当にその後無視してくるような人。だから関わらないようにしていたのだが、一昨日ずかずかと僕の実験室に入ってきて使用中のポンプを持っていかれそうになった。はぁ?ふざけてんの?と聞いたら「このポンプは元々おれのだ。サムがおまえにやったのか知らないけど元々は俺が所有者だ」、と主張を始めた。こいつの説明は的外れなのだが、まぁ全ての装置はジルのものだし、シェアするべきかなと思ったのだが、よく考えたら誰も使っていないポンプが大実験室に転がっている。それを使えよと言ったら「あれはマークのだから使わない」という意味不明な説明が始まった。マークはすでにこのラボから去ってPIとして独立している。まだたまに追加実験をしに戻ってくるらしいのだが、あのポンプはほとんど使っていない。理由にならないぞと言っても頑なに奪おうとしたので、マークのを使え、触るなと言って追い出した。さっき聞いた話によるとロレンツのところにも来たが彼もマークのを使えと言って追い払ったらしい。

そしてその二日後の今朝、実験室に来てみたら、なんとポンプがなくなっていたのである。マークのは転がったまま。さすがに頭にきて直接伝えることにした。証拠を残すためにメールで、しかもミカエラ(技術部門の長)にccした。「なぜおれの許可を得ずに使ったの?マークのを使えと言っただろ? ちなみにそのポンプ、昨日毒をいっぱい使ったから今日洗おうと思っていたけど、君の標本生きてる?」と。すごい反抗メールが返ってくるかなと思ったら、意外にも「I'm sorrry,but~~」と、なんと謝ってきた。ミカエラへのccが効いたと思われる。彼が謝ってくるのは初めてだったので、その後の言い訳は意味不明だったけど許すことにした。で、廊下ですれ違うときにHi、と挨拶をしてきた。初めてだったのでとても驚いた。

要するに今までおれが何も主張をしない格下だとなめられていたという結論に至った。これからも言いたいことは伝えよう。

ていうかどんだけマークが怖いねんwおれ彼にshut up と言って黙らせたことあるんだけど実はやばかったのかな。

ちなみに彼は謝りながらもポンプを返却していない。


 

2.vs台湾人夫妻

彼らとは研究上の駆け引きみたいな感じ。元々悪い人たちではないし、基本親切なのだが、日に日に妻の研究が僕に似てくるのを感じていた。だから来週の自分の発表においてこの研究は自分のだということを先に皆に伝えられればと思っていた。

しかし、驚いたことに昨日の夫の発表において、なんと夫が妻のデータを発表し、構想を話すという、驚くべき事態が発生した。その構想、やはり見事に自分の研究とリンクするの。すごく落ち込んだんだけど、放っとくわけにもいかないからさっき妻に直接なぜ夫がそのデータを発表したのか聞いてきた。すると、夫は自分のデータがなかったから私のを発表しただけよ、とのこと。それはそれで奇妙な話ではあるが、そう言われたら言い返すこともできないのでもう一つの質問をした。おれと将来競合すると思っている?と。すると、競合というか、コラボでいいじゃん?私はECでもセカンドでも、学位がとれればかまわないよ?との返答。それを聞いて彼女の行動がようやく理解できた。まさか筆頭著者じゃなくでよいとは。だからと言って安心して気を抜いたら全部もっていかれるので、トップスピードで引き離す所存。そして、おれの予想ではこの仕事の2ndはおそらく他の人になるかな。


どちらもタフなイベントではあるし、解決したわけではないが、成長させてくれると思って頑張るぜ。

これからも、常にpeacefulな心を保ちながらもグイグイ主張する。