のり日記

かけだし神経科学者の留学日記

169日目

現ラボからは論文があまり出ない。
理由の一つとして、扱っている研究対象が難しく、攻めあぐねているということはあるのだが、最大の理由はボスの考え方にある。

先に前ラボ(UTの方)の話をしておこう。前ラボのボスは、論文を驚くべき早さで量産していた。ハイインパクトな研究から、???と思う研究まで、全て、だ。その理由はとても納得のいくもので、科研費を使って行った研究である以上、実験データを全て世に公開することが何よりの誠意だと、そう仰っていたのを聞いたことがある。素晴らしい、の一言だ。これ以上の振る舞いはないのではないか。


一方で、ジルはたとえデータが溜まっていても論文を書かない。その研究がサイエンスを大きく前進させるという確信がない限り投稿しないと決めているのだ。たとえポスドクがデータを大量に持ってきても、平気で切り捨てる。データがあったのに論文を出せず、アカデミアの世界を去った人が何人もいると聞いて、はじめは怖くなって震えていた。
前ボスの方が大衆への理由も全うだし、ポスドクや学生のためにもなるような気がする。ジルはなぜインパクトの低い、小さな仕事を論文にしないのだろう。
その理由は、ジルがジルであるから、だそうだ。ドイツ国は、ジルに、ジルにしかできない仕事をしてもらうことを期待して巨額の投資をし、MPIのヘッドとしてアメリカから引っ張ってきた。小さな論文を書くことなど誰も望んでおらず、とにかくすごい仕事をしてほしい、というのがお上の意向、そして民意らしいのだ。小さな論文を書いている時間があったらその時間を使って探索実験の時間を増やし、大きな仕事を発芽させることに注力すべきだと、本人も考えているらしい。この考えにもすごく納得がいった。
また、その研究機関から出た論文中の何%がハイインパクトジャーナルか、という数字もその研究機関のレベルを評価する上で重要な指標となっていると聞いた。ちなみに昨年はR研が5%、MPIが6.5%で、どちらも世界ではかなり上位につけているらしい(←M本理事長から直接聞いた)。R研の前センター長が、Neuron以上じゃないと価値がない、と言い続けていたのはそういう理由もあったのかもしれない。

前ボスとジル、どちらもサイエンティストのお手本のような指導者だ。自分が将来どうなっているかはわからないが、もしかしたら小さな仕事しかできないような研究者になっていることだってありえるが、科学を前進させられるような仕事ができるよう、腐らずに頑張っていきたい。

163日目

今あきれ果てています。もうね、ドイツはインターネット会社が最悪なんですよ。

先々週Telekomという会社とインターネット契約をして、その開設日が8/9、つまり明後日の予定だった。前回(※)と違ってきちんとした日程の確認メールも来た。

し か し

ドイツのインターネット会社はどこもふざけているという話を多方面から聞いていたので、念のためロレンツ君にサービスセンターに電話してもらった。すると、

「あー、おたくの接続開始日はー、、早くて9/18ですねー。」だと。

ロレンツに通訳してもらいながらブチ切れ。やはりおまえも他社と一緒かと。そしたらロレンツが言ってくれた。メールに8/9と明記されとるやんかと。すると、

「それはそちらが選んだ希望日です、Sir」と。

確かに開設希望日の選択肢が現れて、8/9をクリックした。でもまさかそれがただのこちらの希望を伝えるだけの日程だなんて思いもしなかった。信じられない。"Sir"が"さぁ ┐(´・ω・`)┌" に聞こえて怒り増幅ですよ。しかも早くて9/18だからな。これ以上遅くなる可能性が十分あるわけですよ。

電話後ロレンツが、おれもまだ繋がっていないし、気長に待つしかない。と言ってきて驚いた。そう、ロレンツはvodafoneと契約したのだが、むこうに無断で先延ばしされて、かれこれ半年間ネットに繋がっていないのだ。毎月毎月予定日にブッチされ、電話をしたら一ヶ月先延ばしされ、を繰り返しているらしい。

 

これさ、日本企業チャンスなんじゃないの。同じ額でもジャポン式サービスを導入するだけで独占市場を築けるよ。お父さん犬グッズとか展開しないでいいから海外進出して!

てことで来月ラボミーティングがあるのにオンライン英会話できず。萎えた。

 

 

(※1)すでに1&1という会社で一度失敗している。キャンセルしたら大慌てで対応を始めようとしたが切り捨てた。

 

 

159日目

朝からボスとマンツーマンディスカッション。かれこれ二ヶ月ぶり。緊張するけど至福のひとときである。相変わらず自分の英語はひどいけど、伝えたいことは伝えられるようになってきた。まだまだこれから。

自分がジルを指導者として選んだ最大の理由は、彼の論文が提示する問いの質と、もたらす解のエレガントさにある。その問いはどうやって生まれるかというと、すべて探索実験からである。一切の仮説を持たず、ピュアな気持ちでデータを眺める。そうやって、解き明かすべき問いを何もないところから炙り出すのが他の研究者よりも圧倒的にうまい。

 

ちなみに今日聞いた、ジルスタイルの研究者になるために、教わった大事なことをメモ

1.実験は何例やるべきか

ジル曰く、新しいものが見つからなさそうだと思った時点でその実験をやめて他の事をやるのが探索実験の基本だそうな。だから、今は3-5例で十分だと。そして、論文にする時にストーリーが出来上がってから例数を足す。ちと二度手間な気がするけど、時期が空いても再現がとれるわけだから安心できそうではある。

2.視野は広く

今日、ある現象が生じる理由について、データとともに一つの仮説を持って臨んだのだけれど、そのようなことを考えたことがなかったから持ち帰って考えてみると言ってくれた。だが仮説にとらわれて、探索をやめることはしない方がよいと言われた。むしろ似たような探索実験を多角的にやって、自然にその仮説にたどり着くような攻め方がよいと。要するにもっともっと実験して俺を納得させろと、そういう風に言っているように感じた。

3.非生理的な実験はやめとけ(専門的なので読み飛ばして)

例えばテタヌス刺激でLTPを誘導する実験などは、ジルは大嫌い。況やオプト実験をや。生理的に起こっている現象を観察して、考察して、答えを導くのが基本だそうな。そういう考え方が本当に好き。そういえばBrechtもオプトは使わねーって言って拒絶し続けているらしい。完全拒否はどうかと思うけど、彼らの哲学はとても大事だと思う。継承したい。

 

さて仕事に戻る。

 

156日目

先月、アパートのインターネット接続を大家さんに切られてしまったため、全然更新していなかった。理由はまた後日書くが、人に部屋を貸して、そいつが違法ダウンロードをして賠償請求が来たせいです。だから仕方ない。ちなみに今はラボ。

 

気を取り直して近況をば。

 

研究について

順調(すぎるくらい)。すごく面白い現象を偶然見つけて、勝手に一人で興奮している。ロレンツに教えたら彼も再現できたから、かなり固い現象だろう。論文はまだまだ遠いけど、学会発表くらいならさせてもらえそうだ。来年のFENS@ベルリンかな。今薬理実験に取り組んでいて、それが終わったらゴリゴリの電気生理実験を行っていく予定。オプトもやったほうがいいのかな。まだボスには話していないので、反応が気になるところ。だがプライオリティを得るためにある程度データを溜めてから話しに行く。

 

ちなみに論文は二ヶ月が経とうとするのに一向に返事なし。トップジャーナルに査読してもらった経験がほとんどないからわからないのだけれど、二ヶ月って普通なん?ズッキーニを種から育てて収穫できてしまうほどの時間だよ?旬が過ぎちゃうよ?

 

言語

ドイツ語はほぼ無。かといって英語もほとんど成長せず。ネットがないからオンライン英会話ができず、矯正してもらえないのが辛い。

 

日本

学会発表のために先々週に一週間行って来た。気候は蒸し風呂状態で毎日バテバテだったけど、やはり食べ物は本当に美味しい。鮮明に記憶に残っているのはうなぎの蒲焼とすき焼き、そしてモロヘイヤのお浸し。うう、もう食べたい。学会発表はそこそこかな。M関先生とあと一名から重要なコメントをいただいたが、あとは賑わっていたわりにアドバイスはほとんどもらえなかった。ていうか最前列に無言でずっと立っている若者がたくさんいたのだけれど、どうやって捌けばよいのだろう。

夜はサム君のロビー活動のお手伝い。サム君の紹介を口実に、いろんな偉い先生に話しかけることができたので、ある意味こちらとしても有意義であった。

あとは母校の後輩たちと飲みにいけてよかったかな。みんな大変そうだった。今思い返すと日本での悩みってこちらにはないものばかりだな。特に人間関係の悩みが多すぎる。みんなせっかく良い頭脳を持っているのだから、忘れるなり逃げるなりしてサイエンスに注ぎ込んだ方がよい。自分はこちらに来て本当によかったと思っている。おそらく、90%くらいはサイエンスに集中できている。残り10%は家庭菜園。

 

来客

先週は日本からうれしい来客が。もう帰ってしまったのだけれど、楽しかったので喪失感がやばい。プチ鬱状態。(←だから元気を出すためにブログを書こうと思った)

 

てな感じでインターネットが復活したらまた書きます。

123日目

文献紹介が再来週の月曜なんだけど、これにしようと決めていた論文がすでに紹介されていたことをさっき知った。あと数日遅かったら致命傷になってたかもしれない。

 

ちなみにこれが終わったら2ヵ月後にまた研究報告がある。ラボの人数を考えるとどう考えてもおかしい。どうやら何人かの人たちがやらずにスキップしている模様。しかし一人前になるまでのトレーニングだと思って黙って引き受けることにする。

ちなみにスキップしている人の中には特に何もしていないように見えるおじいちゃん研究員も含まれる。僕は辞書として使わせてもらっているけど、ボスは実際のところどう思っているのだろう。

今、日本はポスドクを終身雇用すべきだという流れになっているが、研究を一切しない人は必ず出てくるだろう。それを受け入れる器がない限り終身雇用はしないほうがよいと思う。自分は、任期10年再任あり制度がベストだと思う。いくら成果が出にくい仕事をしていても10年間まったく何も論文を出していなければ切ったほうが双方のためになると思うので。

---------------------------------------------

実験装置の使い方を教えてくれる予定の人が明後日から1ヶ月バカンスに行くらしく、しばらく進まない。こっちの人たちは堂々と、積極的に休みをとりにいくね。他人のために休みをずらすことなんて決してしない。見習いたい。

しかし試薬も部品も注文しても全然届かないし、このペースは日本人にはなかなかきついぜ。そういう意味で東京はとても物(流)に恵まれている。

--------------------------------------------

論文の返事がそろそろ来てもいいころなのだけれど来ない。査読者を追加されている可能性が高いな。。早くコメントを読ませていただきたい。

108日目

今日はまたも祝日。一週おきくらいに祝日が入ってきてあらゆる計画が乱れまくる。

二点。

1.いきなり査読に回った。確率1%くらいだろうと思っていたからビビった。エディターもアドバイザーも仕事早いな。きっと2,3週間後にはメッタ切りを喰らうんだろうけど、この分野の頂点にいる人たちに査読をしてもらえることが心から嬉しい。見て見てー!!って感じ。誰が見てくれたのか、コメントから推測するのが楽しみだ。が

 

 

2.来週末クロアチア行ってくる。わりと強行日程。楽しみだ。これについてはまた書く。

 

3.文献紹介何にしよう。これ紹介したら盛り上がりましたよー!っていうようなおすすめあったら教えてください。

 

 

 

 

106日目

もうこっちに来てから100日超えてる…。うそでしょ。

備忘録を2つ。

1.前ラボの論文を投稿した。今ブザキorモリスによる審査中。はよ返事ちょうだい。

この論文では色々な実験をして、睡眠時には脳の中でこんなことが起こっているんだよ、ということを報告している。どこの論文に落ち着くかはわからないけど、きっと睡眠や記憶の研究をしている人に興味を持ってもらえるはず。少しでも多くの人の目に留まる雑誌に受理されますように。

 

2.こちらに来て初めての研究発表が終わった。もちろん英語。今日知ったんだけど、どうやらラボに来て3か月で報告をするのは異常らしい。日程表を作る担当の学生(こやつもロレンツという名前、ややこしいから学生Aと呼ぶ)が自分の発表を遅らせたいから無理やり僕ら新人を入れたらしい。ちなみに親友のロレンツも僕の二週間前に発表する予定だったのだけれどまだきちんと研究がスタートしていないからと申し出て2か月遅らせてもらったらしい。

ちなみにこの学生A、もうかれこれ1年以上データ発表をしていないらしい。なのに学位論文を書く気配もなく、何もせず居座っている。つまりただの寄生状態。税金の無駄。これはあかんでしょ、と台湾人が言っていた。

 

まあそれは置いておいて、自分の発表だけど、やっぱりうまくはできないね。納得がいく日なんて来ないんじゃないかって思う。質疑応答は数個外したし、理解できてもうまく答えられない。極めつけは「この脳から何時間記録したの?」と聞かれ、5hours と答えるはずが5yearsと答えてしまった。会場大爆笑。自分のばか野郎!思い出すたびに胸がズキンってなる。。

ただしデータはいっぱいあったので、1時間喋ることができた。上出来だと思う。みんなの前でボスに1回で100万円消費する某実験道具をおねだりしたら、いいよとのこと。嬉しすぎる。これで録ったデータで雑誌の表紙を飾りたい。

そして終わった後、サムが話しかけてくれた。2年前のジョブインタビューよりずっと成長してるじゃん、と。先生えぇぇ(タメだけど)って感じ。2年前はひどかった、でもボスはこんな僕を受け入れてくれた、有難い、と言ったら近くでボスが聞いていてクスクス笑っていた。いや本当に器が大きくないと僕なんて雇わないよ普通。ボスは昆虫と爬虫類の研究をしてきただけあってゲテモノが好きなんだな、きっと。まぁこれから予想をはるかに超える活躍をしてやるけどな。

そしてさっきラボから帰ろうとすると、ハーマイオニーが話しかけてくれた。Nice work! You are excellent!って言ってくれた。ポッターでさえハーマイオニーからexcellentなんて言われたことはないはず。めちゃめちゃ嬉しかった。加えて、「私は日本語が英語やラテン系の言語とかけ離れていることはよく知っている。だからあなたがこの2年で努力したことがよくわかった。」と言ってくれた。ぶっちゃけ彼女から嫌われていると思っていたから泣きそうになった。危なかった。僕は仲間に恵まれすぎでは。しかし2年前の僕は相当ひどかったんだな。一応録音してあるけど聞かずに消したろ。

 

 

しかし、英語の小回りが利かないのを早急に何とかしたい。今日のディスカッションで一番悔しかったのは5yearsなんかではなく、ボスからの

「信号の発生源が2つあって、相互に情報を伝え合っているとする。これらはただ単に情報を送りあっている2つのものなのか、それとも伝え合うことでそれらが融合し、独立した一つの創発現象として機能するのか、どちらだと思う?」

という質問に答えられなかったこと。

こんなにもこんなにもこんなにも素敵な質問をぶつけてくれる人が目の前にいる!!夢みたいだ。というかこの人と対話をすることが目的ではるばるドイツまで来たのに、それなのに、何も答えられないなんて!!!

日本語だとなんて答えるかな。日本語でもきっとすぐに答えはないので、適当に喋りながら何となく頭の中で考えがまとまってきて、あー、でもぼんやりこんな感じですかねー。みたいな返答になるだろう。

でもそれを英語で話そうとすると、 I'm not sure, but,,,,,it doesn't occur to me any ideas.  でストップ。思考もストップ。絶望を感じた。もう少し何かできるだろう自分、と。同僚ポスドクに褒められたくらいでいい気になってんじゃねーよもっとできるだろうが。

 

自分に怒りが込み上げてきたのでこのまま筆を置くことにする。

 

ということで成長も課題も見えて、渡独100日間の小括として良い一日だったのではないかと思う。